So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

原発避難訓練2 [地域・社会]

 朝夕めっきり冷えて来ました、、、

原発訓練3.jpg

明日規制委員会は「女川原発2号機」の再稼働審査に「合格」か?

去る13日、原子力防災訓練がありました。避難訓練に参加した人たちの感想・意見が地元新聞にありました

「参加者が少な過ぎる、多くの市民に呼びかけ実践感覚を養う機会にしたら」
「災害時渋滞や混乱の中でうまく機能するのか」
「地震等の複合災害で道路が通れない時は」
「初めて行く避難所に夜間帯や天候悪化時に着けるのか」
「放射性物質が毎時500ミリマイクロシーベルト値での避難指示で行動“避難退域所”での検査・除染・通過証の受領後に50㌔先の”避難受付けステーションでの避難所指定“され”指定の避難所“ まで無事着けるのか」
等々、、、
広域避難計画での仙台市と石巻市の協定では、地震と原発事故が同時に起きる複合災害が発生した場合で震度6以上の時は、仙台市は市民のため全域で避難所を開設するため、石巻市の避難者の受け入れは困難になると、、、当東松島市民(仙台市に約4万人近く避難で協定、、、)も同じとなる?
女川原発30㌔圏・20万人を受け入れる市町村は県内では無くなることとなります。
事故があったら「福島」の二の舞です、未だ、先の見えない「避難計画」で原発の再稼働はあってはなりません。
福島の原発事故から、何を学んだのでしょうか、新しくつくられた規制委員会は住民の安心安全に関与なしです。事故時の住民の安全、被ばくを防ぐ、、、避難計画の審査・検証あっての判断こそ求められるべきでしょう。

             原発再稼働反対!

nice!(46)  コメント(12) 
共通テーマ:地域

原発避難訓練1~ [地域・社会]

 もう雪の報道ですね、、、タイヤ交換近いか?
                避難元の避難退域時検査場所

鷹森1.jpg
                避難先の受付けステーション 

 13日、宮城県と東北電力、そして30㌔圏内7市町は「東北電力の女川原発2号機が宮城県沖の地震で炉心が損傷し、放射性物質が放出された」と想定された原子力防災訓練がありました。今年は台風19号からの被害から災害対応を優先し、訓練の規模を縮小したとのことでした。 当市でも避難訓練は一部の地区を対象とし、バス1台(46人)と自家用車14台に限定しての参加でした。他の住民は市災害対策本部からの「屋内避難」指示の放送での参加でした。
私は今回も仲間たちと参観参加でした。車両の「避難退域時検査場所」への到着から車両の「放射線量検査及び除染」、そして「避難住民の検査・除染」、「安定ヨウ素剤の配布と説明」、最後に「通過証」交付がありました。
 その後、バス1台での避難先となる岩沼市の総合体育館(避難所受付ステーション)に移動でした。私たちは自家用車で移動しました。途中渋滞もあったが、約57kmの距離を1時間50分近く要し到着。屋外の駐車場に設置されたテントで、避難者の受付けと避難場所の指定を避難元の市職員が行いました(本来は体育館で実施される)。その後、それぞれ指定された避難場所への移動し帰途に着きました(バス内からの確認や駐車場の確認のみでした)。


nice!(49)  コメント(9) 
共通テーマ:地域

はや11月 [地域・社会]

 つゆ草、、、

tuyukusa-09.jpg

はや11月だ、どうも風邪に罹ったようでセキと喉痛がある。
昨日(31日)の地方紙に
「事前防災万全期す」、、、石巻市学校防災会議。
大川小学校判決確定後の会議が大学教授や小中校教員、市職員らで開催された。会では「防災研修」「防災管理」「防災教育」の三つのワーキンググループから活動やこれからの取組みについての説明があった。また、各中学校区ごとの治水分布図や地形図を使っての災害リスクの研修。各校の防災マニュアルをチックリストに基づいて点検し改善を実施。「災害に備えている姿」に関する防災合言葉を募集
3363点の応募あり(審査は未だ)この活用と市防災教育副読本の年度内に配布し防災教育に活用する。従来の地震・津波対策だけではすまされないのが最近の異常気象からの台風・豪雨からの河川氾濫・土砂災害の襲来が多いです。地球温暖化・地球環境を見た私たち生活の在り方をも含めた対策が求められていることでもありますね。


nice!(52)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

最高裁~ [地域・社会]

今日は朝から雨、、、の一日でした。孫のサッカーの練習も「x時からやる」、「**からに変更」から「中止」との連絡、「この雨なのに、中止だろう?」が数時間振り回された。

DCF00137.JPG

あの20113月の東日本大震災発生からはや87ケ月、宮城県石巻市の大川小学校で大津波により死亡・行方不明になった教職員と児童合わせて84人児童でした。児童74人中児童23人の遺族19人が20143月に仙台地裁に宮城県や石巻市に損害賠償を求め提訴した。仙台地裁、仙台高裁も宮城県や石巻市に損害賠償の支払いを命じた。これを不服とした上告で最高裁はこの11日、県と市の上告を退けた・これで昨年4月の仙台高裁判決が確定された。高裁判決は「大川小学校の危機管理マニュアルの不備を指摘したうえで市教育委員会は同校のマニュアル内容の確認、指導を怠ったとして組織的な過失があった」とした。このことは、学校で児童の命を守る対策は実効性なければ意味がないと言っており単に「想定外」で終わらせてはならない、厳しく危機管理を求めていることなのです。


nice!(44)  コメント(8) 
共通テーマ:地域

福島原発事故裁判、、、控訴 [地域・社会]

 台風19号が来ます、防災しましょう! 季節外れのつつじが咲きました。

yodo-09.jpg

2011311日、東日本大震災発生(M9の地震)、人類史上に残る大事故が発生した。東京電力福島第一原発での爆発、放射性物質(死の灰)が放出された。被害を受けた住民は「なぜ事故は起きたのか、事故の責任は、真実は刑事裁判なら明らかになるのでは」と原発事故を起した責任者達の刑事裁判を求めて2012年に福島地方検察庁に告訴を行うも検察庁は不起訴とした。201310月に東京検察審査会に審査の申し立てを行った、20147月に東京第五検察審査会は、福島原発告訴団が不起訴を不服として申立てていた旧経営陣のうち3人について「起訴相当」と議決した。しかし、20151月東京地検は再び不起訴処分とした。2015年7月東京第五検察審査会は、東京電力の元会長勝俣恒久、元副社長武黒一郎、元副社長武藤栄に対し2回目の「起訴議決」をした。これにより3名は裁判所が指定する検察官役の弁護士(指定弁護士)によって起訴されること(強制起訴)が決まった。(民意が勝ち取った裁判となった)。公判は37回ここでは東電が津波対策を先送りとした理由や多くの証言があった。201812月検察側は3人に対し「禁錮5年」を求刑したが2019919判決は「いずれも無罪」を言い渡した。告訴団長の武藤類子さんは、919日の判決の読み上げが終わった瞬間、思わず「こんな判決は間違っている」と法廷で叫んだそうです。また地裁は指定弁護士が求めた事故現場周辺の検証もせず被害の重大性を分かってくれなかったように感じた」「事故は起きない原発は安全だ」東電は言い続けてきた。しかし判決では「原発は絶対的安全性の確保まで前提にしてはいなかった」と、このことは「原発事故発生はあり得ることと言っていることでもある」ともとれる。原発立地地のみならず県民は、そのように認識していただろうか。国も電力も「原発は安全だ」といい豊富な資金をかけテレビ・新聞等で宣伝して来ていた。今回の判決では事故は繰り返される、事故の責任を問わないこんな判決はないと思う。930日、一審を不服として検察官役の指定弁護士は東京高裁へ控訴した。理由として「判決は被告らの注意義務や結果回避義務という重要な論点の判断を回避したばかりか、予見可能性すら否定した」したと批判また「判決をこのまま確定させることは著しく正義に反する」と。これからの東京高裁での審議に期待します。

   原発再稼働に反対!



nice!(49)  コメント(14) 
共通テーマ:地域
前の5件 | -