SSブログ
前の5件 | -

原発UPZ圏にも交付金を! [地域・社会]

1月はハヤイ、あっという間に過ぎ去ろうとしている。
家内の体調不調が未だ続いている、4度も通院だ。
さて、当市の市長が県に対し東北電力女川原発への核燃料税交付金を「5~30㌔圏緊急防護措置区域」(UPZ)自治体にも配分交付するよう求めた。
福島原発事故を機に原発事故防災対策の範囲が広がり周辺自治体の負担が増えている。宮城県は東北電力から年1億8,000万円の核燃料税を徴収し、立地地の女川町、石巻市に1割ずつ交付している。残りは県の一般財源に。UPZ圏の5市町は女川原発重大事故を想定した避難計画の策定や避難訓練を実施しています。原発事故災害への備えが周辺自治体にも拡がり負担は一層増している、交付金はこれらの負担を賄う一部だ。県は「交付対象の拡大は考えていない」と。県外では北海道はじめ、8道県では、周辺自治体に交付金を配分している。


 福島原発事故、、、未だ責任者はいない、、、法曹界の目線はどこだ!

nice!(26)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

二十歳のつどい、、、 [地域・社会]

 希望を胸に 新たな一歩を!

あぜみ.JPG

昨年4月に民法改正があり成人年齢が18歳に引き下げられました。

これに伴い宮城県内にあっては多くの市町村で従来の式典の名称を「二十歳を祝う会」「二十歳のつどい」「二十歳の集い」「二十歳の成人式」「成人~二十歳を祝う会」「二十歳の成人式」、そして従来の「成人式」等々の名称で実施された。

 対象者は東日本大震災時には小学2年生だった子供達が迎える「成人の日」でした。

例年通りの式典ではあるが、「二十歳」迎える若人に会っては「一生に1回」の記念すべき日です。

本人達にも周囲の私たちにあっても「聞くこと、話すこと、想うこと」は、2023年の「今」のことなんだと新鮮にこころに記したいと思います。

そんななかから、「支えてくれた人々に感謝を、他人を思う心を忘れずに、、、」

        「震災からの辛さ、痛みなどの経験を活かして復興に貢献したい、、、」
 嬉しい頼もしい言葉が発せられていました。

 

因みに、私は職場にいました今から60年以上前のことでした、、、。

 


nice!(36)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

2022年 ありがとうございました。 [地域・社会]

 2022年も残すは明日のみです。

 個人的に何かと多忙だった。


 2023年は、自分の時間を多く持ちたいと思います。
  今の政権には期待が持てない、、、
 置き去りだ~
 拙ブログ “えんや” ありがとうございました。
  来年もよろしくお願い致します。


nice!(35)  コメント(11) 
共通テーマ:地域

コロナウイルスの感染拡大は、、、 [地域・社会]

  サウンドアートより

narabi2.JPG
 

 コロナウイルスの感染拡大がすさまじいですね。

ここ宮城県の感染は全国で2番目に多いと報道されています。自治会では来月初めに予定さて居た「懇親会」を中止する事としました、これで3年目も中止となります。

経済優先での、観光・飲食等の制限緩和、、、第8波はひしひしと、、、です。

医療界は逼迫、、、病室は50%を越えています、連日数人が死亡しています、これが「交通事故」での死亡数だったら国や県は、どう対処しているでしょうかね。



nice!(40)  コメント(12) 
共通テーマ:地域

サウンドアート大会あった。 [地域・社会]

去る10月21日から23日まで、東北地方で初めて砂像作品の大会が宮城県東松島市の奥松島の手前の野蒜海岸近くの「南余景公園」で
「サンドアートジャパンカップ」です。     


全国から11人の砂像彫刻家が出場され、1日8時間、3日間計24時間で作製します。


作者の想いが込められ作品を漫画家の井上さん、市長ら5名が審査され1位に秋田県の保坂の「夢の創造」2位に千葉県の林さんの「灯」、3位に高知県の武さんの「ラッセーラ」が選ばれました。


ここ野蒜の「南余景公園」に年末まで展示されます。多くの市民、奥松島への観光客、あの東日本大震災時を展示する「伝承館」を訪れる人々を誘っています。 


             1位 「夢の創造」 秋田県の保坂 敏彦さん 


1.JPG


                                              2位 「灯」 千葉県 林 真理さん 


tomosobi2.JPG

3位 「ラッセーラ」 高知県の武 政登さん
raseira2.JPG




nice!(34)  コメント(4) 
共通テーマ:地域
前の5件 | -